【講義note Day4】GLOBIS リーダーシップと人材マネジメント基礎

制度とはルールの集合であり、最終的な目的は行動変容させることである。

1人がマネジメントできる最大人数は、職務が明確であれば多くなり、曖昧なら少なくなる。

「優秀」な人材の定義は時間とともに変わる、時間経過によって変わる。だから『かつて優秀だった人』が現代では余っている。

大規模な人事制度改革や組織スリム化は儲かっている(内部保留金がある)ときこそできる。

人事制度について、個人として尊重されていると感じれば人は納得しやすい。そのためには3つの公平感が効果的。
・プロセスの公平感(段階的導入、労働組合への説明)
・分配の公平感(市場価格水準)
・関係の公平感(評価者のトレーニング)

「制度設計」は戦略を反映するために経営者目線でする。
「運用」は受け入れてもらうために従業員目線でする。

制度はビジネスモデルによってマッチするしないがある。それを理解せずにGoogleの20%ルールを闇雲に採用するような企業はだいたい失敗する。

評価の目的は、①給与や役職を決めるため、②育成(フィードバックによる成長)のため。①はレーティングして相対評価、②はノーレーティングで絶対評価。