InstagramとFacebookの連携・シェアが出来ないときの対策

けっこう多方面から報告されてる現象として、InstagramとFacebookの連携ができないというのがあります。これは、アカウント連携できない場合もあれば、アカウント確認画面では連携できているように表示されるのになぜか投稿は連携ができなかったり、ひどいときは「投稿シェアしました」って表示するくせにFacebook側には投稿がシェアされていなかったりします。

で、原因調査したところ、

原因はFacebookアカウントを利用したInstagramへの簡単ログインのせいでした

Instagramにログインするとき、メールアドレス+パスワードでログインも出来ますが、Instagramのアプリは立ち上げ時に頑なにFacebookアカウントを利用したログインを推奨してきます。メカニズムは非解明ですが、これが悪さをしてるようでした。

対策はシンプルでして、断固たる決意で、Facebookアカウントではなく、メールアドレスとパスワードでログイン後、連携手順を踏むだけです。ただ、このときに選択の余地なく勝手にFecebookアカウントでログインされたりします。

そういった背景から「InstagramとFacebookのアプリをインストールしなおすと解決した」という報告が多いようです。特にInstagramのみインストールされた状態では、メールアドレス+パスワードによるログインを求めてきますから。

以上

完璧主義は時間をかけて最小価値を獲得するコスパの悪い行為

完璧主義やめました。そのきっかけは私にとって衝撃的だったこの言葉です。

「完璧主義者になることは、働きすぎて最小限の価値しか得られないということを意味する。」

これは、ニ八の法則に基づくと、完璧主義で詳細を詰め切る行為は、80%の労力をかけて20%の価値を獲りに行く、非常にコスパの悪い行為ということです。

ニ八の法則

ある取り組みにかかる20%の行動によって価値の80%が得られる法則をニ八の法則と呼びます。

  • 売上の8割は、2割の顧客から来る
  • よく使う書類の8割は、2割のファイルに入っている
  • 本の内容の8割は、2割の文章量で理解できる

ここで注目すべきは、20%の行動によって80%の価値を得たとき、残った20%の価値を得るには残った80%の行動が必要という点です。両者を比べるとコスパは16倍の差があります(計算してみてください)。完璧主義とは、このような状況下で80%の行動を費やしてでも20%の価値を得ないと気がすまない状態です。

もちろん、100%の仕上がりを求められる仕事も存在しますが、本当にそうなのか自分自身に1度問うてみてください。必要以上のことをしていないか?無駄なディティールに囚われてないか?きっと80%の価値で十分に進められる仕事の多さに気づきます。

やることリストは、全てこなすことが目的ではない

脱完璧主義のために、少し視点を変えて、いかに「やらないこと」を見極めることが重要か述べさせてください。

1日の始まりや終わりに「やることリスト」を書き出すことは時間を効率的かつ有効に使うために大きな効果があります。書き出した1つ1つのやることに優先順位をつけるとなおさら良いです。ただし、やることリストを作成した後は、優先順位の高いことから着手して時間を有効に活用することが目的であり、書き出した項目を全てこなすことが目的ではありません

せっかくやることを書き出して優先順位を決めたのに、優先順位が低いことのコンプリートに労力をかけるのはもったいないので、他の誰かに頼むなり、やらなくても済む方法を探したほうが良いです。実際、やらなければいけないと思っていても、案外そうでもなかったりします。「もし、これをやらなかったら何が起こるのか?」と自問自答しましょう。

重要なのは自分の時間を有効に使うこと

仕事もやることも情報も、なにもかもが溢れている現代です。脱完璧主義によって最高の時間の使い方をマスターして、みなさまが自己実現できることを願ってます。

以下、参考書籍