劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(★ネタバレあり★)

2020.09.18、ついに京都アニメーションの作品「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が公開されました。

とりあえずMOVIX京都で販売してたコンボセットの写真をどうぞ

食べづらいわ!!

や、きれいなイラストですし、ヴァイオレットさん素敵なんだけど、そんな切なそうでどこか憂き表情で見られるとポップコーン食べにくくないですか!?


ここからネタバレ

なかなかモヤモヤした箇所があったのでメモ。

少佐→ヴァイオレットへの「愛してる」は、親から子への愛情的なニュアンスだったのか?または、男性から女性へのニュアンスだったのか!?

アニメ本作では前者だと思っていたし、劇場版ではヴァイオレットから少佐へ「愛してるを伝えたい」と言ってるシーンもありましたが、それも子から親への想いに似た感情かと推測してました。

しかし、エンディング後に登場した、指切りしている2人のワンショットから察するに、どこかから感情は男女の愛になっていたのか!?

というのが私の疑問。


兄から「自由になれ」とも言われ、島で新たな居場所も見つけ、少佐は1度自由になりました。

また、自動手記人形の仕事など新しい生活に馴染んで、アニメ本編の最終回では「もう命令はいりません」とも宣言したヴァイオレットさんも、自由になりつつあると言えます。劇場版でも、少佐に会えるまであと少しというタイミングで、指切りして約束したからと仕事に戻ろうとするシーンもありました。

そんな、1度は自由になった2人が、再びお互いを必要として選んだ。戦場にいた頃とは全く異なるマインドで一緒になることを選んだ。この流れや描写は見事だと思いましたし、美しい関係性になったんだなぁと感動ものでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください