ICML@Stockholmに参加しました(開催概要)

ICMLとは


正式名称は『International Conference on Machine Learning』。毎年開催される機会学習のトップカンファレンスです。

 

開催地:Stockholm smassan


2018年は北欧のスウェーデンにて開催されました。メタルとギターポップの国ですね(偏見)。水の都ストックホルムということで心躍らせた人もいたのではないでしょうか?

会場はStockholmsmassan。ストックホルム中央駅から3駅のÄlvsjö駅からすぐの場所です。

周辺に施設が少なくランチに不便する場所でした。昼休憩には大量の昼めし難民が出現、ストックホルム中央駅まで昼食のために電車移動せざるえなくなり、そのまま午後のカンファレンスに遅刻した人も多かったとか。

 

スケジュール


2018年は”7月10~7月15日”の5日間で開催されました。初日がTutorial、それから3日間の本会議、最後に2日間のWorkshopです。

学会前にはスケジュール管理アプリなども配布されます、これが本当に良く出来てました。

 

Reception


最終日にはReceptionが行われました、場所はSkansenMuseum。どんなパーティーだろうと思って参加したらなんと屋外ステージ付きで4つ打ちの低音をズンズン響かせながらビールをあおるという最高仕様でした、パリピ感がすごかったです。

日付が変わるころまで日が沈まないまま明るいので22時頃まで屋外でReceptionは続きました。ところで学会会場からReception会場が遠すぎません???

参加登録


ICMLの開催は7月中旬ですが、Registrationは3カ月前の4月中旬に始まります。NIPSほど速攻ではなかったにせよ、今回もSOLD OUTによって参加できなくなった人が多数出たようです。

参加費用はEarly Registrationでworkshopとtutorialも全て含めると900ドル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください