深層学習はデータさえ集まれば何でもできるのか!?

結論:そんなわけない

こんばんは、ロードローラーです。出落ちみたいになりましたが今回はそういうお話。

データを入力すれば認識に必要な特徴量を自動抽出してくれることで有名な深層学習ですが、「データさえ集まれば何でもできるんでしょ?」というわけではありません。

深層学習にはネットワーク設計、入力値の見極め、ハイパーパラメータ設定など、職人技が求められる要素がてんこ盛りです。こういった難しさを乗り越えて、使いこなして、やっと初めて「データあれば認識器を構築できる。」という境地に辿り着きます。

なんだかこういった理解・知識がある人とない人が混在していて、すごく日本語に不自由している感があったので、いまさらながら記事を書かせていただきました。

こういうすれ違いでストレス抱えている人、実は多いのではなかろうか、と思ったり思わなかったり・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください