負けたというのになぜ君は死ぬ寸前まで悔しがってないのかな?

どうも、ロードローラーです。「どうも」という言葉は非常に不思議なもので、挨拶シーンにも御礼シーンにも用いられますね。実際にそのような意図がある言葉ではないので「どうも」という言葉はなるべく使うなと教育する人もいるとか。

さてさて、今回は普段の意識高い系とはうってかわって雑記です。たまにはこんな話題もよいかと。

「負けたというのになぜ君は死ぬ寸前まで悔しがってないのかな?」

このセリフ、知ってますか?

これは少年ジャンプで連載されていた「暗殺教室」に登場する浅野學峯のセリフです。別に私自身、暗殺教室という作品の大ファンというわけではありませんが、このセリフは強烈に印象に残っています。このセリフの前後で浅野理事長が伝えていることは、

  • 「もしも次も負けたら・・・」、再び負ける恐怖との戦い、敗北から学ぶとはそういう事だ
  • だが、多くの者は口先だけで大して学ばず敗北を忘れる

過激な表現に感じる人もいるかもしれませんが、私はすごく賛同なんですよね。昔から勝負事(主にスポーツ)をずっとやってきた人間なので「勝ち」「負け」という言葉に敏感なのかもしれません。

アメリカなどではスポーツでもなんでも勝負事は勝者にスポットを当てます。しかし、日本は反対で敗者にスポットを当てる習慣があります。もちろん、負けたことが今までの努力を全否定することはできないと理解していますが、「この悔しさを活かして次回こそは」という言葉を使うときは、相応の重みが必要なのだろうなと考えてしまいます。

以上、ただの雑記でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください