Self-Attentionの良記事 “Attention Is All You Need (Transformer)”

Encoder-Decoderで主に使われていて、GANなどにも応用されているAttention構造を勉強しようと思って見つけた良記事です。

論文解説 Attention Is All You Need (Transformer)

 

元論文 Attention Is All You Need (Transformer)

 

個人的に詰まった点はSelf-Attentionについてです。

『自己注意 (Self-Attention) では Query,Key,Valueは全て同じ場所 (Self) から来る.例えばエンコーダの Query,Key,Valueはすべて下の隠れ層から来る.自己注意はある位置の出力を求めるのに下の隠れ層の全ての位置を参照できる』の部分を誤解していました。

つまり、n番目のLayerでは、i<nについて総当たりでi番目Layerとn番目Layerとの間でAttentionを取得するということみたいです。

Attentionの取得方法は内積がメインとのこと。手前の層でどこに特徴が強く出ているのか(≒注目すべき箇所がどこにあるのか)のヒントをもらうわけですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です