体内Suicaをスウェーデン鉄道会社が導入

Futuristic hand implant microchip as train tickets


Image: SJ Railway

http://www.independent.co.uk/travel/news-and-advice/sj-rail-train-tickets-hand-implant-microchip-biometric-sweden-a7793641.html


スウェーデン鉄道会社が社内検札にマイクロチップを用いた乗車システムを導入。ポイントは「マイクロチップが旅客の手に埋め込まれている」こと。(biometric chip implanted into their hand と引用元に記載されている)

技術としてはお財布ケータイやモバイルSuicaでお馴染みのNFCが使われている。

「ついにマイクロデバイスの体内埋め込みが本格化してきたか!!」と驚いたのですが、既にスウェーデンでは2000人程度がインプラントしているという話の方が驚きました。(Around 2,000 Swedes have had the surgical implant to date, most of them employed in the tech industry. と引用元に記載されている)

家や車の鍵の代替としてマイクロチップを体内に、、、みたいな話も以前からよく聞きますが、個人的には今回の話も含めて「スマホでよくない??」と思ってしまいます(もしくはスマートウォッチ)。機種変更しても情報損失するようなことも減ってきてますし、破棄や売却したスマホから情報漏えいするリスクも対策が練られていますし。

ポケットやカバンにカード(または専用機器)を入れておけば、手や足裏で通信できる人体通信技術も伸びてきてますし、そっちの方が日本では普及しそうと私は考えます。というのも人体へチップ埋め込むことへの抵抗が強そうなので。

国内市場が小さく外需思考なので研究開発に力を入れ、さらに低い人口密度故に通人技術が発達した国、そんなスウェーデンからこういった技術が出てくるのは自然な流れだとは思いますが、、、、今後の行く末に注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です