学習用画像を水増しする(データオーギュメンテーション)

深層学習では学習データの確保がポイントとなります。

画像認識でいうと、1枚の画像でもコントラストを変えたり、伸縮したり、拡大縮小したり、ノイズ付加したりすることで、学習データの水増しが可能です。

試しに実行してみたので、環境構築から手順をまとめてみました。


環境:Windows7、64bit

・Anaconda4.4.0 For Windows(Python3.6 ver)をコチラからダウンロード

 

・ダウンロードした”Anaconda3-4.4.0-Windows-x86_64.exe”を右クリックで管理者として実行

 

・”Add Anaconda to my PATH environment variable”にチェックを入れるのを忘れずに

 

・”pip install opencv-python”によってopencvをダウンロード(これがないとimport cv2が動きません)

 

・今回はbohemian916さんのコチラのプログラムを拝借しました

・引数に水増ししたいベースとなる画像を指定して実行

 

今日はここまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です