ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話

こんばんはロードローラーです。今回は“ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 コーチングとは「信じること」”という本を紹介します。


コーチングとは

2015年ラグビーワールドカップで南アフリカに勝利して「史上最大のアップセット」を称されたラグビー日本代表。本書はそのヘッドコーチであるエディージョーンズ氏との対談を1冊にまとめたものです。

タイトルには「コーチングとは信じること」とありますが、書内ではむしろ「コーチングとはアートである」という表現が一貫して使われており、コーチの役割について語られています。

この本の良いところは、対談の書き起こし形式が中心なので変にフィルターのかかっていないエディー氏のストレートな言葉に触れられる点です。(といっても日本語訳されている時点でフィルターはかかっていますが)。エディー氏は有名なほどの辛口でして、その言葉はかなりグサッときます。


話が長い人は要注意

私のお気に入りは下記発言

能力のないコーチはオプションを提示しすぎるんです。選手に決断を促すのではなく迷わせてしまう。混乱している選手は傍からは懸命にプレーしていないように見えてしまうものです。それでまたコーチに怒られる。

でも、アスリートはプレーするにあたって100%全力を尽くすものです。それが100%に見えないときはふたつの理由しかありません。フィジカル面で疲労が起きているか、メンタル面で混乱しているかのどちらかです。

スポーツでも仕事でも、集団で何かをするときに私は必ずこのシーンに遭遇します。

思いつくまま話をだらだら続ける人、指摘を延々と続ける人、選択肢を提示するだけで満足感に浸る人、無責任に「せっかく道筋を示してやったのに」と後から嘆く人、要点を絞らず全部しゃべって「だから言ったのに…」と自分に保険を掛ける人。

相手を迷わせた挙句、そんな自分の失敗を相手のせいにすると、指導者としては二流ですね。

ちょっと油断すると自分がそうなってしまいかねない、という自戒を込めて、この文章を取り上げさせていただきました。

今日はここまで

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です