ダイナミックプライシング 4パターンの価格決定の考え方

こんばんは、ロードローラーです。最近、ダイナミックプライシングについて話を聞く機会がありました。平たく言うとダイナミックプライシングとは「モノを売る人が価格決定したり、途中変更したりすること」です。

私が興味を持ったのは、どう価格決定するか?どう途中調整するか?という思考が代表的4パターンにまとめられるということでした。「そんなのCase By Case で臨機応変じゃないの!?」と最初は思いましたが、本質的には数パターンに分類できるのは面白いですね。

以下に講演で紹介されていた代表パターンをまとめました。

Demand Driven Pricing

事前調査で最適な価格を算出しようという発想。
顧客の嗜好(しこう)、競合他社の状況、自社の状況といった市場情報の分析に基づいて価格決定する。必要なデータを集めきれる保証もなければ、調査にリソースも必要であるため、手間や負担が大きい。大企業向けの手法と言われている。

Derivative Follower Pricing

とりえず売ってみてから最適価格を探すという発想。
実験的に価格を増減させてながら販売して、利益を最大化できる価格を探索する。この考え方の背後には、市場情報の網羅は困難なので試さないと分からないという潔さがある。

Penetration Pricing

導入が安い代わりに時間をかけてトータルで儲けようという発想。
低価格によって顧客を引き付け、スイッチングコスト高くすることで顧客を囲い込み、継続的に収益を得る。

携帯電話や格安Simがそうですね。2年間使う条件(囲い込み)で、初期費用がゼロ円みたいなキャンペーンもよくやってましたし。

SkimmingPricing

高くてもイイモノは売れるという強気な発想。
最初に高価格を付けることで初期に利益を上げて、価格を徐々に下げていくことで低い価格で購入する顧客も引き付ける。「今すぐ欲しい」と思わせる魅力・技術力・革新性が求められる。

一番に思いついたのはゲームソフトですね。WiiやDSも時間がたてばどんどん安くなりましたし。でも、ああいうものは発売と同時に欲しいので、やはり強気な価格設定でも勝負できる製品魅力があってこそですね。

 

う~ん、最初2件の例はなんでしょう・・・?だいたいの製品はどちらかには該当しているのでしょうけども。。。値段が変わらないものと言えばカップ麺やお菓子みたいな食品系でしょうかね。ならば値段がころころ変わるのは例えば牛丼とか?(あれはコロコロ変化する外的要因に沿って最適判断をしているだけで、探索する意図で価格変更しているわけではない可能性もありますが。)

価格決定と価格調節という行為はいずれも目的が儲けるためなので、利益最大化に向かってパラメータ(価格、需要、etc…)を調節すると考えたらアプローチはもっともっと山のようにある気もします。実際、まだまだ発見されていない戦略があるのかもしれませんね。

本日はここまで