ベルリン観光 ~実際に行って思ったオススメ観光地~

こんにちは、ロードローラーです。
今回はドイツの観光都市”ベルリン”についてご紹介します。

ググれば観光スポットが大量に紹介されますが、むしろ多すぎて「どないしょ(´・ω・`)?」となりますよね。そこで、私が実際に行ってみて気に入った場所を紹介します。旅のプランニングに役立てて頂ければ幸いです。

①ベルリン中央駅

  • ガラス張りの立体構造の施設で非常に美しい。
  • 日本からの旅行者は改札機がないことに驚く。
  • 人通りが多く治安もよい。夜食など安心して買いに来れる。

いきなり1発目が公共施設で「なんでやねん!」となるかもしれませんが絶対に見て頂きたいスポットです。そもそも、ヨーロッパでは駅そのものが観光地であることは珍しくないのです例えば有名建築家によるリノベーションを受けたアントワープ駅@ベルギーは「世界一美しい」の称号を得ています。同様にベルリン中央駅もガラス張りで立体的な構造が非常に美しく、そこらの観光地に引けを取りません(主観込)。

また、ベルリン中央駅は最も”商業施設との融合”に成功した例としても注目されています。立体的構造ゆえの見渡しの良さ、スムーズな人の流れ、店舗の並び、全てが計算されている様は芸術的です。

中央駅のためベルリン観光時はここを経由することがほとんどです。どうか出発を急ぐ気持ちをグッとこらえて、目の前に広がる構内の美しさを感じてください。
f:id:RoadrollerDA:20170423125615j:plain f:id:RoadrollerDA:20170423120744j:plain

余談ですが同伴者の第一声は「ファイナルファンタジーに出てきそう!」でした。( ´_ゝ`)ヌーン

 

②ブランデンブルク門

ベルリン中央駅から観光地に向かうとき、おそらく必然的に経由する場所です。朝と夜で雰囲気が大違いのため、行きと帰りで2度見れるようにプランを立ててください。ブランデンブルク門の周辺は大通りばかりで人通りも多いため、夜の姿となったブランデンブルク門も安心して見られます。

f:id:RoadrollerDA:20170423120755j:plain  f:id:RoadrollerDA:20170423122736j:plain

 

③ベルリン大聖堂

さて、ブランデンブルク門を抜けてどこに向かうかというとベルリン大聖堂がおすすめです。近所には世界遺産登録された博物館もありますが事前予約しないとチケット購入にずいぶん並ぶ、期間によっては工事修復中で一部の展示物が見られないなど、ちょっぴりリスキーで面倒です。

一方でベルリン大聖堂は入場もスムーズで、美しいステンドグラスの観賞高所からベルリンの街並みを一望できるなど、事前知識なしでも楽しみやすい要素が一杯です。

f:id:RoadrollerDA:20170423120817j:plain f:id:RoadrollerDA:20170423123547j:plain

ちなみにベルリン大聖堂のトイレは有料でした、博物館では無料だったのに……(※チップ制なのでトイレは基本的に有料が多い)

 

 ④ニコライ協会(テディベア)

やっぱりベルリンで人気のお土産はテディベア。赤の市庁舎から近くにあるニコライ教会付近はテディベア激戦区となっており数々のテディベアが販売されています(写真左は私が実際に購入したクマさん)。10EUR~200EURといった具合に値段も質もサイズも、もちろん種類も様々。お土産用にも自分用にもお気に入りのテディベアを探してください。

なお、中にはベルリン出身ではないテディベアを扱っている店舗もあります。ベルリン観光のお土産にベルリンベアをお求めの方はご注意ください。ホントかどうか半信半疑ですが店員さん曰く「冠をしているクマさんがベルリンベア」とのこと。

f:id:RoadrollerDA:20170423125957j:plain f:id:RoadrollerDA:20170423120827j:plain

 

ベルリンの壁(イーストサイドギャラリー)

ベルリンといえばこちらを思い浮かべる方も多いかもしれません。私としては「せっかくベルリンに来たのだから見ておきたい」という方にのみオススメします。というのも川沿いでイベントをたまにやっているくらいで他には特に何もなく、他観光地に比べてここだけ非常に遠いからです。アクセスには徒歩ではなく電車等をご検討ください。

f:id:RoadrollerDA:20170423120837j:plain

 

読んでくださりありがとうございました。